「燻製ローストポーク」の作り方。肉の燻製はめちゃうまい!

 

■スポンサーリンク■


ローストポークを燻製にしてみました。

豚肉を焼くだけのシンプルな料理に薫香が加わるとどうなるのか?

肉の旨みと燻製の風味がたまりませんね。

お酒のおつまみやご飯のおかずにぴったりです。

この記事では「燻製ローストポーク」の作り方を写真付きで紹介。
  • 「燻製ローストポーク」っどう作る?
  • 味は?薫りは?

など興味ある方はぜひ参考にしてください!
あまかず
あまかず
こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。今回はお肉の燻製をご紹介。旨みがすごかった!

肉の燻製に挑戦してみる


毎月1回我が家では燻製を楽しんでいます。

ここ何ヶ月かは「魚介類」の燻製ばかりに挑戦していました。

具体的には鯖・アジ・鮭など焼き魚の定番がほとんど。

まぁ、干物を使う燻製は手順が簡単でとても楽なんですよね。

下味はついていますし、感想だけですみます。

ただ、魚は美味しいんですが、毎回魚だと飽きてしまいます。

そこで、他の燻製に挑戦したくなりました。

いろいろ調べたり検討した結果「肉」を燻製にしていこうかなと。

とはいえ、肉もいろいろ種類があります。ビーフジャーキーやベーコンも燻製ですよね。

流石に最初から難易度の高い燻製はできません。

まぁ、初めて作りますからシンプルに豚肉のブロックを焼いて燻製していければなと。

そう「燻製ローストポーク」を作ります!

「燻製ローストポーク」の作り方

燻製ローストポーク」の作り方を紹介していきます。

今回用意したのは「モモ肉」と「肩肉」の2種類のブロックです。

それぞれ違いを楽しんでいきます。

「燻製ローストポーク」の手順は以下の通りになります。

今回も「熱燻」でつくって行きますよ。
  1. 下処理
  2. 下味つけ
  3. 乾燥
  4. 焼き
  5. 燻煙
  6. 仕上げ

そこまで難しい工程はありません。

それではさっそく作っていきます。
肉の表面の水気をキッチンペーパーで拭き取る
肉にフォークで軽く穴をあけ塩とブラックペッパーをすり込む
袋に入れて3~4時間寝かせる
袋から取り出し、風通しのいい場所で1時間程度乾燥させる
フライパンで表面を焼き色がつくまで焼く
燻製鍋にアルミホイルで皿を作りスモークチップとザラメをいれる
肉を網の上に肉を置き強火で点火。煙が出てきたら弱火にして蓋をして20分燻煙する
燻煙後取り出してアルミホイルで巻き20分ほど休ませる


ポイントとしては、燻煙後すぐに取り出してアルミホイルを使って余熱で火を通す感じです。

たた、しばらく燻製鍋の中においておくのもありですね。

ただ、後者の方はもしかしたら水滴の影響で苦みが出る可能性があります。したがって、前者をオススメしますね。

また、もし切ってみて火の通りが悪ければ電子レンジで加熱するのもありです。

(僕は今回肩ブロックが火の通りが悪く最後に電子レンジをつかいました。)

ちなみに、今回もウッドチップは「サクラ」です。

「燻製ローストポーク」(モモ肉)を実食

こちらが完成した「燻製ローストポーク(モモ肉)」です。

まずはモモ肉からいってみましょう。

表面はいい燻製の色をしていますね。

薫香もしっかりとしています。

スライスするとどうなるのか?こんな感じです。

スライスするとローストポークっぽさがでますね。

低温調理なので程よい赤味がたまりません。

それではさっそくいただきましょう。

おお~これは美味しい。

モモ肉のジューシーさはしっかりと残って燻製の風味がたまりません。

肉を食べている感じがしますね。

塩コショウの味もしっかりと染みています。

めちゃ美味しいですね。

「燻製ローストポーク」( 肩肉 )を実食


続いて「燻製ローストポーク(肩肉)」もいただきます。

表面はしっかりと燻煙の色がついていますね。

なかなか美味しそうです。

これをスライスするとこんな感じになっています。

なんかチャーシューっぽい仕上がりでおいしそう。

ではコチラもいただきます。

おお~モモ肉とは違い脂があるので味が全然違いますね。

肉の旨みをダイレクトに感じます。

そこにプラスされる薫香の風味がたまらないですね。

これはご飯がすすみますよ。うまい!

塩コショウの塩梅もいいですね。

余談ですか、この肩ブロックをラーメンにチャーシューとしてのせみました。

ラーメン自体はスーパーで売っている3食入りのラーメンですが、チャーシューのおかげでかなりリッチな麺にみえますね。

これ食べて見ると、めちゃ幸せな気分になります。

これは美味すぎます。

ラーメンのスープとローストポークが良くあいますね。

薫香もマッチしますよ。

「燻製ローストポーク」の感想


それでは今回いただいた「燻製ローストポーク」の感想です。

想像以上に美味しくできてよかったですね。

薫香がつくことでより旨みがプラスされる感じがたまりません。

肩肉とモモ肉で作りましたが、個人的には肩肉の方が好みでした。

脂があるかないかでかなり旨みが変わりますね。

もちろんモモ肉も美味しいです。肉を感じまくったのはモモ肉の方でした。

味付けを変えてもよさそう。今回は塩コショウのみでしたが別の味付けもためしてみたい。

ハーブソルトを使うのもありですね。

他にもバラ肉やロースでやったらどうなるのか?

めちゃくちゃ気になります。

これは次回も豚肉かなぁ?

いろいろ試して自分のベストを作りたいですね。
 

■スポンサーリンク■

今日のポイント

以上、「燻製ローストポーク」に挑戦した話でした。

いやー肉の燻製もめちゃアリですね。想像以上に良くてハマリそうです。

試行錯誤したくなっちゃいますね。これは。

オリジナルの豚燻製を完成させたくなってきました。

楽しみが1つ増えてめちゃうれしいです!
あまかず
あまかず
豚の燻製はかなり奥が深いですね。これからもいろいろ試していこう。

あわせて読みたい関連記事

「鮭の燻製」に挑戦。ワンランク上の焼き鮭に大変身!

「牡蠣の燻製」の作り方。旨味が詰まって使い道がたくさんある燻製!

「アジの開き」を燻製にしてみた。しまった身と脂がうまい!

燻製醤油に挑戦。醤油にしっかりと薫香がついてうまい!

僕が使っている燻製鍋

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間41万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ