寿がきや食品「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」が登場!激辛に花椒のシビレが加わった

 

■スポンサーリンク■

2019年9月30日から発売開始になった「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」をいただきました。

カップ麺の激辛麺として大人気の「辛辛魚」。袋麺でも2度目のリニューアル!

今回はシビれが特徴の「花椒」が加わりました!

激辛+シビレのダブパンチ。

食べてみると激辛は健在。そして確かにシビれる感じがいい!

早速ご紹介します。

あまかず
激辛+魚粉+花椒の三重奏はキレまくり。前回よりさらにうまい!
■スポンサーリンク■

寿がきや「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」が登場。激辛+シビレでさらにうまい!!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は激辛らーめんの定番「辛辛魚」の新作をご紹介します

麺「辛辛魚らーめんMAX」が3になって登場!

9月30日より寿がきや食品から「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」が登場しました。

このラーメンは東京石神井の名店「麺処井の庄」さんの名物ラーメン「辛辛魚らーめん」を袋麺として再現した商品。

▲こちらは実物の辛辛魚です

2016年から発売を開始し3度目の登場となります。

辛辛魚らーめん」は濃厚な魚介豚骨と激辛魚粉が特徴のラーメンです。

カップラーメンでも登場しており毎年冬に発売されています。

このブログでも何度も紹介してきました。

「辛辛魚らーめん」はカップ麺以外にも袋麺としても発売しています。

それが「辛辛魚らーめん辛辛MAX」です。

過去になんどかリニューアルされて、回を重ねていく事に辛くなっていってます。

ちなみに前回はハバネロを使用した魚粉でした。

今回のMAX3では今までの辛さに加えて「シビレ」がプラス。

さらに激辛になって登場てす。

ただでさえ激辛なのに花椒のシビレが加わると果たしてどんな味になるのか?

めちゃ楽しみですよね。

ちなみに、この「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」は通販限定に加えて数量も限定品です。

手に入れたい方は公式サイトのショップやこのページのリンクをチェックしてください。

待望の「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」が届いた!

早速発売日に注文して届いた「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」です。

側面にはロゴが書かれています。

開けてみると中にしっかりと10個「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」入っています。

なかなかのビジュアル。これはすごいですね。

とりあえず1個取り出してみます。赤黒いパッケージが独特ですね笑

早速細かくパッケージをみていきましょう。

こちらが今回購入した「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」です。

パッケージの中央に「辛辛魚」の文字。

そして、右上には「シビレVer」と書かれています。

もちろん警告文もしっかりありますよ。

中身を出してみるととてもコンパクトになっています。

どんなものが入っているのか?

麺・粉末スープ・液体スープ・後入れスープが入っています。

果たしてこれがどんなラーメンになるのか楽しみですね

 

「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」を実食

今回はまず具材を入れずに作ります。

こちらができあがった「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」です。

真っ赤なスープに麺がこれぞ「辛辛魚」という感じ。

後入れスープは入れずにまずはこのままいただいてみます。

真っ赤なスープがなんとも言えないですね。

まずは一口いただきます。

おお〜豚骨のまろやかさと魚介の風味が美味しいスープです。

若干シビレも感じます。これは美味しい。

さて、このままだと単なる「ピリ辛」な魚介豚骨スープなだけです。

そうです。辛辛魚名物の激辛魚粉を投入します。

麺の上にかけると魚粉の香りがたまりません。

そして、鼻腔の奥をくすぐる唐辛子の刺激。

これですね。

この魚粉をスープに混ぜ合わせる全体にドロッとした粘度が増します。

そしてどす黒い感じに変化するんですよね。

そのスープがこちら。

先ほどより赤黒いスープがなんとも言えません。これはすごい。

早速いただきましょう。

このドロッとしたスープがたまりません。

早速一口。

口に入れた瞬間に辛味が一気に押し寄せてきます。

おおお〜これですよ。辛辛魚のパンチのある辛さは。

そして、後からやってくる花椒のシビレ。

なかなかいいダブルパンチですね。

ただ、思ったよりシビレは少ないですね。

辛さの中に隠れてるというか時折現れる感じです。

スープはここまでにして麺もいただきます。

麺は平打ちのノンフライ麺。箸でつまんだだけでそのもっちり感を実感できます。

では一口。

うん!独特の弾力のある食感と激辛のスープが絡んで辛さ倍増です。

スープはさっと流れていきますが

麺は固形なので辛さの刺激がわかるんですよね食道から徐々に胃に向かっていく感じが。

なかなかしんどい感じです。胃もヒリヒリします。

具材を入れてもおいしい!

1回目は具無しで作りましたが2回目は具入りで作ります。

用意したのはチャーシュー・ネギ・メンマの3つ。

なるべく本物も辛辛魚らーめんに近づけるためです。

できあがりはこちら。

具無しに比べるとやはり見栄えがいいですね(笑)

さっそくいただきます。

麺とスープの絡みがやはりいい。

うん!何もないよりやはり美味しいです。

特にネギがいいアクセントですね。

スープにあっておいしい。

そして、チャーシューがあると味に変化があるのでありがたいです。

激辛には「生卵」

激辛の麺を食べる時に欠かせないのが「生卵」。

とき卵につけて食べると辛さが緩和されます。

もちろんこの麺でも有効です。

とき卵に絡めて食べると・・・

うん。いい感じに辛さがまろやかになって美味しい!

辛い時には必須ですね

「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」の感想

それでは今回いただいた「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」の感想です。

辛辛魚らしい魚粉と激辛さは健在。

魚介豚骨の濃厚さと辛さのバランスはとても良かったですね。

美味しかった!

ただ、僕的には思ったよりも「シビレ」感を感じませんでした。

もっとビリビリくるかと重きや、辛さの奥にたまに出てくる感じですね。

個人的にはもっと痺れても良かったかなぁ。この辺は好みの問題かなと。

もちろん激辛である事は変わりありません。

なので辛い物好きは食べて損はありませんよ!

あと、具無しと具入り食べ比べると具入りの方が味が引き立っていいですね。

皆さんも食べるときはチャーシュー・ネギ・メンマあたりいれる事をオススメします!

是非試してくださいね。

これが「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」だ!

改めて「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」をご紹介していきます

▲パッケージは辛辛魚らしいデザイン
▲裏には各種情報
▲原材料表
▲作り方はシンプル
▲ 「麺処井の庄」の紹介もあります
▲カロリーは493kcal。けっこうありますね

今日のポイント

以上、「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」をいただいた話でした。

今回もなかなか刺激的な麺でした。

ただ、激辛麺を食べる前はいろいろ準備が必要ですね。

準備せず食べてしまったので胃へのダメージが大きかったです。

皆さんも激辛麺を食べる前には牛乳を飲む、あらかじめ何か食べてく

などしっかり対策をしてから食べてくださいね。

あまかず
今回の辛辛魚もとても美味しかったです。何袋か余っているので少しアレンジもしてみたいですね〜挑戦します!

今回紹介した「辛辛魚らーめん辛辛MAX3 シビレver.」

あわせて読みたい辛辛魚らーめん関連記事

「寿がきや 井の庄監修 辛辛魚ラーメン 辛辛MAXバージョン」を実食!超激辛!食べるの注意!でもクセになる。

麺処井の庄監修「辛辛魚まぜそば」を実食レビュー。辛さ・魚粉・ガーリックの三重奏でうまい!

「麺処井の庄監修 辛辛魚つけ麺」を実食。ついに登場生麺タイプ。麺と激辛スープの相性が最高でうまい!

「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2019年)を実食。辛さ×魚粉の味は過去最高の旨さ!

麺処 井の庄@立川 辛辛魚ラーメンを実食!激辛だけど濃厚魚介スープが美味い!

ファミリーマート限定「スパイシー辛辛魚らーめん」 シビ辛濃厚豚骨スープが絶品。タオルは必須!

 

■スポンサーリンク■

9月の「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」のスケジュール

ブログの問題を解決したい。
そんな時には「アナタの本気を発信しよう!あまかずブログコンサル」にお申し込みください!ご質問にあまかずがお答えします!

「あなたのブログを加速度をつけて成⻑させるブログセミナー」の動画セミナー販売開始

2018年11月に開催されて大人気だったきむらあきらこさんとのコラボセミナーが動画となって販売開始になりました!

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間PVは20万)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ