お台場 ダイバーシティーのガンダムフロント東京に行ってきた。前編

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

先日お台場のダイバーシティーにあるガンダムフロント東京に行ってきました。

映像に展示にガンプラにけっこう楽しかったのでその事について書いていきます。

今回はその前編です。

それではいってみましょう!

ガンダムフロント東京とは

ガンダムフロント東京はダイバーシティ東京にあるガンダム世界をいろいろ体験できる施設です。

ダイバーシティがオープンした時に一度行った事ありました。

その時行っただけだったのでどう変わってるか少し楽しみにして行ってきました。

ガンダムフロント東京のオープンが2012年。

その時は00とかSEEDとか推していた記憶が(笑)

それ以降、ガンダムシリーズはガンダムUCが完結。

ビルドファイターズ、ビルドファイターズTRY、Gのレコンギスタなどの新シリーズが登場。

今年の秋からも新しいガンダムが始まるのでワクワクしながら見てきました。

いざガンダムフロント東京へ

ガンダムフロント東京があるダイバーシティは等身大のガンダムがありますよね。

まずは、ガンダム立像見てテンションを高めます。

ガンダムフロント東京はダイバーシティの7階にあります。

有料ゾーンと無料ゾーンに分かれていて
有料ゾーンは球体ドームでの映像や各種展示が見る事ができます。
無料ゾーンではガンプラの展示や、ガンプラなど各種グッズを購入できます。

入り口はこんな感じ。ちなみに当日券は1200円です。

さっそく中へ

入るとまずはガンダムの歴史年表が飾られています。

壁面にはいろいろなガンダムが描かれています。

遠巻きに見るとガンダムWゼロカスタムが現れてきます。

その後、DOME-Gというドーム型のシアターでこの場所限定の映像を見るためにしばらく待ちます。

このドーム映像の諸注意をガンダムのギレン総帥や、ガンダムSEEDのラクス・クラインが案内してくれます。

イラストや諸注意を聞きながらドーム映像の始まりを待ちます。

やがて、スタッフの案内でドーム内に入っていきます。

ドームでの映像は今は時間違いで2種やっているそうです。入れ替え制なので一度見たら再度入り口に戻ってみるという感じですね。

上映内容の一本は「機動戦士ガンダムUC ネオ・ジオング、お台場に現る!」

もう一本は「GUNDAM DIVE One of Seventy-Two」

両方ともになかなかの迫力でした。

特にネオジオングはでかいだけに大迫力でした。

展示スペースへ

ドームからでると展示スペースへ入っていきます。

入って目の前には1/1スケールのストライクフリーダムの胸像が。でかいっすねー

その隣にはガンダムの最後のシーンのコアファイター。

また、ア・バオア・クーの像とかなかなか見ごたえあります。たまりませんね。

他にも登場人物とツーショットを撮ったりするコーナーがあります。いろいろなシリーズのキャラと写真が撮れて楽しいです。

自分はGガンダムのマスター・アジアととりました(笑)東方不敗の下りをやりたかった(笑)

個人的に高まったのはガンダムビルドファイターズのガンプラ操縦席が再現されてて少し興奮しました(笑)

いろいろ書いてたら長くなりそうなので今回はここまで!

残りはまた次回!

お台場のガンダムフロント東京に行ってきた!ガンプラがいっぱいだった! 後編
ガンダムフロント東京を見てきた話の続きです。今回はガンプラがメインとなります。それではいってみましょう!
広告

まとめ

ガンダムと同い年なので

幼い頃からいろんな作品で慣れしたんできました。

なので実物サイズのガンダムをみると興奮しますね!

お台場行く時に読む本

こんな記事もかいてます

ニュータイプ新宿@新宿五丁目 まるでおもちゃ箱。気になるサブカルバーに行ってきた!
新宿五丁目にあるサブカルバー「ニュータイプ新宿」に行ってきました。以前から気になっていたお店でした。行ってみるとなかなか面白いお店だったのでご紹介します。
お台場のガンダムフロント東京に行ってきた!ガンプラがいっぱいだった! 後編
ガンダムフロント東京を見てきた話の続きです。今回はガンプラがメインとなります。それではいってみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。人生を好きな事、楽しいこと、幸せで満たすためのブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ