ライブの規制について考えてみた【考えてみた】

今日はいつもとは趣向を変えて

ネットの記事について考えたことを書いてみたいとおもいます。

ライブの規制について

先日ネットでこんな記事を見つけました。

AKB48やももいろクローバーZらに代表される2000年代後半からの女性アイドルグループの台頭により、ここ数年、アイドル系のコンサート、大型イベントが増加している。その一方で、新規のファンが流入したことで、日に日に目立つようになってきたのが“マナー”問題だ。

僕も声優系のライブやアニソン系のフェスにはよく行きます。

ライブに行った際、サイリウムやペンライト、オタ芸ついて

同じように事前アナウンスだったり告知をしてます。

僕もサイリウムやペンライトも持っていきます。

流石にアナウンスに引っかかることはしませんし持ってきません。

会場にもよりけりですが

オールスタンディングで狭い場所でのオタ芸は迷惑ですし、

指定席でも長い尺のサイリウムは周りの迷惑になります。

実際に僕自身も、なんどかおかしな行動をしている連中を見たことがありました。

例えば曲中に走り出したり、

武器みたいなペンライトを取り出して振り回したり、奇声を発してみたり。

なんだあれはというのを経験ですよ。

まぁ、やりたい奴はやればいいと思うんです。

周りに迷惑さえかけなければ、自由に応援すればいいとおもいます。

ただ、個人的な意見を言えば

ライブやコンサートはアーティスト、観客、スタッフ全員で作るものだと思います。

そこで生まれる一体感がライブの醍醐味なんじゃないですかね?

それぞれがマナーを無視して好き勝手なことをやってたら

そこは無法地帯だし、参加しているファン楽しさも半減するんじゃないですかね?

その辺の空気を読んで欲しいなぁとは思います。

一体感といえば、

声優の田村ゆかりさんのライブを見に行った時は壮観でした。

You & Meという曲でラップパートを王国民(ファン)が合唱してるですよ。

あれはすごかったです。

こんな感じですね。

やはり、みんなが楽しめる場じゃないとね。

広告

まとめ

ライブ参加者はみんな仲間!

楽しいライブの時間をすごしたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・アニソンDJ・オタク・ペヤンガー etc。オタが学び情報発信するブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ