不意に来る過去の記憶とネガティブな感情と向き合ってみた

KK-001

最近自分の中で過去の嫌な出来事がフラッシュバックしてくる現象が起こります。

この現象で自分との対話をして見ると、意外なことがわかって来ました。

それではいってみましょう!

■スポンサーリンク■

不意に来る過去の記憶とネガティブな感情と向き合ってみた

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は過去との対話についての話。自分の過去と向き合ってみました。

最近自分の中で起きる現象に名前をつけたい

最近よく自分の中で起きる事があります。

どんな事かというと、不意に過去の記憶がフラッシュバックしてくるんです。

 

走っている最中とかゆっくり休んでいる最中などなど、

いい記憶ならいいんですけど、大体が嫌な出来事の記憶。

 

で、この記憶について向き合いながら、いろいろ考えていると、

そういえばその前にもこんな事かがという具合に、芋ずる式で思い出されます。

過去、さらに過去というかんじですね。

 

しかも、ほぼ間違いなく嫌な過去の出来事について思い出してくるんです。

 

たとえるならば

濁流をせき止めている土嚢の間から水があふれてくる感じ。

やめてーって思っていても止まらないんです。

この現象に名前をつけたいです(笑)

 

自分でこの過去の出来事に向き合っていると、すごく「ズーン」と沈んできます。

何も手がつけられないほど深く落ち込みます。

bsPAK93_taikusuwariatama20140322

 

打開策を考えてみた

今までは落ち込むところで止まっていました。

過去を受け止めるということは悪いことではないです。

ただ、受け止めてそこで沈んでいるという状況もなんか良くないのかなぁと。

 

最近、思ったことを書き出すというのをやっているので

ノートに書き出してみることにしました。

 

何を書き出したかというと、

フラッシュバックしてきた過去の出来事、嫌だったこと、その時感じた感情など。

ひたすら書くんです。ムカついたらムカついた、辛かったら辛かったと書く。

 

書くことでスッキリしてきます。

その後に、書いた事に対して自分がどうしたかったのか、

また、どうしてほしかったのかを書いてみることにしました。

この前書いた深掘り法で問いかけるのも面白いです。

 

書いた後に見てみると、なんかいろいろなモノが見えてきますね。

執着していたモノ、本心、要望、希望などなど

自分の中で完了していなかった感情に気づきます。

 

さらに見ていくと、

自分の考え方の核っぽいモノも見えてきますね。

 

何が見えてきたか

ノートを書いている中で見えてきたのは

「自分が我慢すればいい」

という考え方。

 

この考え方が僕の根幹にいるようです。

確かに、このキーワードで過去を振り返ってると

結構な割合でいろんな出来事をしでかしています。

この考え方としっかり向き合う必要があるんだなぁと確認することが出来ました。

 

自分自身と向き合うってなかなか大変です。

でも、少しずつ自分を知ることにより、生きやすくなるのであれば

この自分との対話も意味があるのかなと。

 

今日の一言

自分を知る、自己との対話は一朝一夕で出来るモノじゃありません。

ゆっくりと自分と対話して、自分の事を知ってければなと。

 

自己との対話に役立つ本

こんな記事もいかがですか?

https://amakazusan.net/archives/10314

https://amakazusan.net/archives/9604

https://amakazusan.net/archives/7817

https://amakazusan.net/archives/7986

 

■スポンサーリンク■

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします