不定期にやってくる「憂鬱な状態」。無理せず自分を労ろう!

 

■スポンサーリンク■

ある日突然、なぜかやる気も出ない、元気もない、落ち込んでしまう。

こんなような症状に襲われることはありませんか?

僕は結構あるんですよね。

そんなときにはやっぱりしんどい。無理せずゆっくり進むしかないですよね。

あまかず
人生山あり 谷ありです。無理せず自分を大切にして生きましょう!
■スポンサーリンク■

不定期にやってくる「憂鬱な状態」。無理せず自分を労ろう!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

今回は僕に不定期に起きるある状態についてです

うつ病を乗り越えてからある症状

僕は過去に大きなうつ病を2度ほど経験しました。

今では克服して毎日を元気に過ごせています。

そんな僕ですが、うつ病を克服してから全く憂鬱な状態は無くなったのか?

こう聞かれると「」と答えます。

なぜならば不定期なんですが、めちゃくちゃ落ち込みやすくなる事があります。

コレがめちゃくちゃしんどいんですよね

何がしんどいかというと何に対してもやる気が起きない。

この症状が発生する時期は異なります。

少ないときは半年に1度。多い時は2ヶ月に1回あるので大変です。

期間もまちまち。1日2日で終わるときもあれば、1週間近く続くこともあります。

実に難儀な症状です。

ただ、しばらくすれば良くなるというのが救いなんですけどね。

落ち込むだけならいいが他にもいろいろな症状が起きる

不定期に起きるこの「憂鬱」な状態。

気分が落ち込んでいるだけならまだいいです。

しかし、併せていろんな症状も起きるのでけっこう厄介だったりします。

どんな事が起きるのかといえば

  • モチベーションの低下
  • 無気力
  • 倦怠感
  • 絶望感
  • 睡眠不足

などなどいろいろ出てくるんですよね。

中でも1番やばいのが「無気力」。

何に対しても無気力になるので維持するのがけっこう大変です。

いろいろ投げ出したくなってきます。

しかも、それまで気分よくいい調子でやっていたのにもかかわらず落ち込む。

気分の落差が激しすぎるので嫌なんですよね。

 

「憂鬱な状態」時期の過ごし方

では、そんなしんどい状態が続いてる中でどう過ごせばいいのか?

僕がやっている過ごし方は

憂鬱の状態を受け入れる

ということです。

受け入れるとは自分が憂鬱であると認めて無理をしないこと

ゆっくりやすんだり、

自分の好きな事をやります

中でも自分の好きなことをやるのはとてもいいんです。

好きな音楽、好きな本、好きな漫画、好きなアニメ、好きなゲーム

これらを自分のためにやって自分を労わります

するといつのまにかやる気が満ちてきます。

自分に優やさしく接するのが一番なんですよね。

自分からのサインに注意する

憂鬱になりやすい時は「無理するな」というサインでもあります。

逆に憂鬱な時期に無理をして抵抗してしまうとどうなるのか?

当然逆にしんどくなります。

行動しても上手くいかないので自己否定してしまう。

してしまうと逆にしんどくなります。

悪化の一途。負のスパイラルですね。

つまり「憂鬱」は体からのブレーキサイン。

しっかりと感じでねぎらって挙げましょう。

そこに気が付かないからうつ病になってしまうんですよね。

反省です。

今日のポイント

以上、僕に起きる「憂鬱な状態」についてでした。

何が原因でこんな状態になるかはケースバイケース。

特定できないのがしんどいところ。

でも、まぁ、人生生きていれば山あり谷あり。

いろいろなことがおきます。それらをうまく乗り切るための試練。

そういうふうに捉えるしかないですね。

無理せず程よく。コツコツとこれからも進んでいきましょう!

あまかず
なぜこんなことを急に書いたのかというと、現在その「憂鬱な状態」の真っ只中なんですよね。無理せず行きましょう~

参考になる本

あわせて読みたい関連記事

うつ病(中等症)だった僕が克服のためにした4つの行動

過去2回の「うつ病」で僕に起きた症状

僕とうつ病との関わりについて

 

■スポンサーリンク■

WordPressでブログやるならCONOHAがオススメ!

この記事を書いた人

あまかず

ブロガー・ブログコンサルタント・講師・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為にブログ「あまかずさん@がんまらない」(月間38万PV)を絶賛更新中。楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アニソン、TSUTAYA情報など発信中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。主な関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「アニソン」。詳しいプロフィールはコチラ