琴平荘(こんぴらそう)山形県の幻の「中華そば」を宅麺.comでお取り寄せ。これは一食の価値あり!

あまかずからのお知らせ

お知らせ
■あまかず主催のブログ術講座■
思うようにブログが書けない。そんな悩みをノートで解決する講座が開催です!
個別ブログ相談のご案内

宅麺.comを使って山形の名店「琴平荘(こんぴらそう)」さんの中華そばをお取り寄せしてみました。

なんでも幻とまで言われている中華そば。

食べてみるとシンプルですが深みのあるスープと、モチッとした麺がたまりません。

一食の価値ありなラーメンですね。

さっそくご紹介します

広告

琴平荘(こんぴらそう)@宅麺 山形の幻と言われる「中華そば」を実食!これは一食の価値あり!

こんにちは、あまかず(@amakazusan)です。

宅麺を使って山形県にある行列店のできるラーメン店の中華そばを注文してみました。

宅麺.comを使えば山形のラーメンも取り寄せられる

山形にある「琴平荘(こんぴらそう)」さんの中華そばを取り寄せてみました。

この中華そばは旅館が経営しているラーメン店の中華そばだそうです。

しかも、週末には一日500人食べにくる超人気店。

テレビ番組の行列店の特集でも扱われていたことがあるお店です。

しかも、幻なんて言われているそうです。

なぜ幻なのか?理由はお店のやっている時期に理由がありました。

冬の閑散期、10月1日から翌年5月31日までしかやっていないお店だそうです。

確かに時期が限られていれば幻とまで言われます。

この中華そばを取り寄せる為に使ったのは「宅麺.com」というサイト。

このサービスは有名なお店のラーメンを取り寄できるんです。

何がいいって、東京の自宅にいながらいろいろなお店のラーメンが食べられるって所。

行列店や遠方のお店のラーメンやつけ麺も取り扱いがあるのもいいですね。

「琴平荘」の「中華そば」を実食!

そして、今回注文した「中華そば」がコチラです。

澄み切ったスープが綺麗でおいしそうな中華そばですね。

さっそくこの中華そばをいただいてみたいとおもいます!

まずはスープです。レンゲですくってみても、とても美しいスープです。

では一口。

おおお!これはおいしい。

魚系のダシの味が口いっぱいに広がっておいしい。深みのあるスープですね。

いやーこれはすごい。ついついスープを先に飲んでしまいそうな勢いになりそう(笑)

続いて麺もいただきます。麺はというと中太のちぢれ麺。

箸でつかんでみても弾力性のある麺です。これは食べるのが楽しみ。


おお~モチモチしてプニっという食感がたまらないですね。

シンプルなスープによくあいます。

これは好きな麺だな~

思わず音を立てながらすすってしまいたくなります。いいですね。

具材のチャーシューやメンマも絶妙です。

幻と言われるだけのことはあります。

これは一度食べてみる価値はありますね。

「琴平荘(こんぴらそう) 中華そば」のセット内容

宅麺で注文すると冷凍のラーメンセットが届きます。

こちらが「琴平荘(こんぴらそう)」さんの「中華そば」のセットです。

説明書、冷凍スープ、麺、具材が入っています

店によって入っている物が違うのでお店の特色を感じることが出来ますね。

セットの中には商品説明の書かれた紙が入っています。

必要な道具やオススメのトッピングを書いてあるのもいいですね。用意する物が分かります。

作り方は説明書の裏に書かれています。トッピングの作り方も書いてあるので余裕のある方は挑戦してみてもいいかもしれません。

「琴平荘(こんぴらそう)の中華そば」いざ調理開始!

作り方はとてもシンプルです。

手順としては以下の通りになります。

  1. 湯煎する
  2. 麺をゆでる
  3. 盛り付ける

湯煎する

スープは凍っているのでまずは湯煎して温めていきます。

準備として、鍋に水を張りお湯を沸かします。

お湯が沸いたら、そこに冷凍されているスープをいれ10分ほど湯煎します。

具材も凍っているので3分湯煎します。

スープの残り時間が3分くらいになったら入れるのがいいと思います。

麺をゆでる

別鍋にお湯を沸かしておいて、麺をゆで始めます。

麺のゆで時間は2分30秒~3分30秒の間。好みの固さまでゆでます。

ちなみに、麺も冷凍されています。解凍はせずにそのまま入れてください。

茹で上がったら湯切りをしておきます。

盛り付ける

いよいよ盛り付けていきます。

スープは解凍されるとこんなかんじになります。

このスープを丼に入れます。

その後、麺を入れ軽く麺になじませます。そして、具材をのせれば完成です。

できました!

いやーおいしそう!

二郎インスパイアのようにトッピングを作っておかなくてもいいので簡単です。

また、必要に応じて刻んだネギや、煮卵を用意しておくと満足度はあがりますね。

今日のポイント

最近はシンプルな中華そばはあまり食べていませんでした。

久しぶりにすごくおいしい中華そばをいただいた気がします。

しかも、山形のお店ですよ。普段いけない遠方ですのお店。

それが楽しめる宅麺ってすごいなぁ。また利用してみたいと思います。

興味ある方は是非食べてみてください!オススメです。

購入はコチラから

■オススメの「琴平荘(こんぴらそう) 中華そば(あっさり)



■宅麺のサイトはコチラから


こんな記事も読まれています

宅麺.comを使って宇都宮の「らーめん武丸」さんのらーめんを注文してみました。家にいながら本格的な二郎インスパイアを楽しめます。濃厚なこってりスープとゴワゴワ感の麺がたまりません!
鶴ヶ島にある二郎インスパイアの名店「魔人豚」さんのラーメンを宅麺.comで注文してみました。スープは濃厚。麺は太麺のゴワゴワ。本格的な二郎インスパイアを家で楽しめます。めっちゃ美味しかったのでご紹介します。
先日このブログで宅麺で注文したラーメンについて紹介しました。今回はそこで「讃岐ラーメンはまんど」さんの讃岐ラーメンを注文してみました!どんなラーメンだったのでしょうか?それではいってみましょう!
品川駅の近くにある「支那そば きび 桃太郎外伝」というお店に行ってきました。ここは「麺達七人衆 品達ラーメン」というフードテーマパークの一角にあるお店。こちらで「背脂中華そばスペシャル」をいただいてきました。脂の甘みとスープの塩気が絶妙でくせになりそうです。さっそくご紹介します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あまかずをTwitter で
The following two tabs change content below.

あまかず

ブロガー・ブログ先生・ペヤンガー・アニソンDJ・オタク etc様々な側面で活動中。「世界を楽しくする」為に、楽しくブログを書く方法、生き方を見つめるノート術、アイデアペヤング、アニソン、TSUTAYA情報などをブログ「あまかずさん@がんまらない」を絶賛更新中。自由で豊かなオタクを目指してます。合言葉は「No,Anison No,Life」。最近の関心事は「あり方」と「引き寄せ」と「FGO」。詳しいプロフィールはコチラ