「長門有希ちゃんの消失」のオープニングがすごい!意味深な歌詞でグッとくる!

今期のアニメに「長門有希ちゃんの消失」と言うアニメをやっています。

これは10年ほど前にアニメ化された「涼宮ハルヒの憂鬱」という作品のスピンオフなのです。

この主題歌がかなり意味深というか、遊び過ぎてて個人的にかなり好きです。

どこがすごいのか?さっそくご紹介します。

■スポンサーリンク■

「長門有希ちゃんの消失」のオープニングがすごい!意味深な歌詞でグッとくる!

ハルヒが帰ってきた

「涼宮ハルヒの憂鬱」といえばアニメでバンドやったり、EDでキャラクターが踊ったりする。

今の深夜アニメある意味原型を作った作品であり、数々の逸話を作った作品です。

特にEDテーマだった「ハレ晴レユカイ」は

youtubeやニコニコ動画などの動画サイトの流行と相成って

実際に踊ってみる動画がかなりUPされてました。

日本だけでなく海外でも踊られたとか

そんな涼宮ハルヒの憂鬱のスピンオフ作品「長門有希ちゃんの消失」。

スピンオフとはいえどストーリーは本編とは

全く関係のなく登場人物が一緒なだけで全く新しい作品です。

フレ降レミライがすごい!いろいろオマージュ

その主題歌は「フレ降レミライ」という曲。

タイトルの通り旧作のEDの「ハレ晴レユカイ」のオマージュです。

歌詞も所々にオマージュ要素もあるんですが、問題は2番の歌詞。

かなりぶっ飛んでます。

全部やり直すとか、ワープとかループとか、前の作品の内容もさらっとぶっこんできている。

さすが畑亜貴大先生ですね。すごいなぁと。

含み笑いしつつ聞いてます。

それにしてもハルヒから10年なんですよね。

10年前なにしてたんだっけなぁ

なんて少し考えながらきいています。

そしてこれからの10年どうなるんだろうなぁ

絶対今よりもっと良くなるよう頑張ります

まとめ

10年たっても色褪せる物があります。

自分も10年後色褪せないように、むしろ輝きはなてるように頑張ります。

 

■スポンサーリンク■